FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-07-10(Mon)

躁や鬱の状態と距離を置く


今日はだんだんとフラットな状態に戻ってきました。
あと、背中の痛みも治まってきました。
薬の副作用の肩と腕の痛みはまだ残っていますが、
だいぶ過ごしやすくなってきました。

土日は鬱だったのですが、
鬱の時は思考に引きずられやすいですね。
意識していても思考に巻き込まれてしまうので、
意識していなかったらもっとネガティブ思考に陥っていたと思います。

状態が悪かったころは「鬱」か「躁」を行ったり来たり、
時々混合状態になったりで大変だったのですが、
最近はフラットな状態も現れるようになりました。

そしてフラットな状態が分かるようになりました。
これは大きな変化かもしれません。

「双極性障害の人はちょっと鬱ぐらいで落ち着かせるのがいい」
とよく聞きますが、
「躁」よりは「鬱」の方がいいのかもしれませんが、
(躁は人に迷惑をかけやすいから)
「ちょっと鬱」と「フラット」は全然違うなと思いました。

ネガティブな思考と区切りをつけやすかったり、
動きやすかったり。
あと、だらだらネットを見るのをやめることができます。
やめようと思ったことをやめやすいのかな?

フラットな状態って楽だな~って思います。
普通の人はこれが当たり前なんですよね?
ずいぶん過ごしやすいだろうなぁとうらやましいです。

最近はフラットが現れることが多くなってきました。

そのせいか、鬱や躁って天気のようなものだなぁ
と感じるようになりました。
そう感じたのは今日のことですけれどね ^^

天気のように良くなったり悪くなったり、
悪くなった時は悪くなった状態を悲観せず、
また良くなると信じていればいいのかな?

思考と一体化せず、距離を置き、
思考を超越することが大事と気づき、
それを実践できるよう取組中ですが、
躁や鬱という状態も思考と同じなのかもしれないな
と思いました。

躁や鬱という状態と一体化せず、
ちょっと距離を置いて見守れるようになると
自分の状態に振り回されずに過ごせるようになるのかなぁ。

株をやっている人って、株価の動きに一喜一憂しないことが大事
っていうじゃないですか。
それも同じことかもしれないですね。



 ブログ村に登録しています。ポチッと応援よろしくお願いします。
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ    にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ  



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ひとつぶ

Author:ひとつぶ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
本 (0)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。